2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

大東亜戦争は途中でやめとけばよかった

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 17:00:51
領土いっぱい失ってもったいないよな
石油と鉄さえ手に入れば領土維持してられたのに

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 17:06:39
そんな都合の良い時点の講和なんぞ連合軍が受け入れるか

3 :ひょーりみ ◆7rAzqBFcf. :2007/02/11(日) 18:04:51
やらなきゃよかったけどやるしかなかった

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 18:12:30
回避はできたと思う。大陸の植民地を手放せて良かった。
太平洋の諸島は惜しい。多くの人命はもっと惜しい。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 18:17:09
回避できない状況に追い込まれたの!
アメ公にハメられたの!

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 18:30:03
ハリマン提案を呑んでればよかったんじゃね?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 20:31:49
台湾を失ったのは痛いよね。

8 :ひょーりみ ◆7rAzqBFcf. :2007/02/11(日) 20:45:34
世界一優秀な韓ミンジョクと広大かつ肥沃な朝鮮半島を失ったのも痛いよね

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 20:49:29
朝鮮半島を防衛するために満州に進出し、満州を防衛するために中国に進出し…
って無限ループな気がするのは俺だけ?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 22:38:14
勝てる見込みのない戦争を
「やるしかなかった」でやっちゃうのはちょっと。
子供のケンカではないのだから。

歴史にIfはないが
どうしたら回避できたか考えるのは
有意義なことだと思う。


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 22:41:49
釣りでしょう。あるいはこばやしよしのり読者か

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 22:47:08
当時の参謀本部はいけるとこまでいってから後から考えるみたいな
やけくそで戦争始めたらしいじゃん

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 09:50:53
石原を軍事総督にしてれば戦況は変わっていたな

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 13:47:04
軍事総督って何だよ?

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 15:26:27
艦艇も護衛も補給も医薬品もあまつは地図さえもないまま戦争しろって
無茶苦茶言われても誰も何も気にせず、多少あった反対意見は徹底して押さえ込み
案の定負けた途端、一気に一億総転向。日本は四等国だな

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 15:37:55
ゲルマンとスラブの喧嘩に足を突っ込んだ時点で日本は負け決定であった。
やはりアングロサクソンについていくのが一番だ。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 15:38:33
開戦日をもそっと遅らせたらスターリングラードでドイツ敗北の情報が入って開戦を思い留める事も可能だったかも知れんが、アメリカが日本を利用して戦争に介入したい意志があった以上は回避不能だろう。
ハワイを襲わずに英仏蘭の植民地を襲撃しまくりアメリカの船や民間人を徹底して襲わない事にしても、いちゃもんつけてムリヤリ日本を追い詰めると思われ。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 15:41:09
>>17
アメリカが本気で戦争する気があったら開戦時のアメリカのあの軍事力の
低さはおかしいだろう。巨大空母をゴミのように作れる国だぞアメリカは!

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 15:42:52
アメリカは本当に日本と戦争する必要があったのか??
そんなにドイツと戦争したいのなら、ビスケー湾のあたりで軍艦をうろつかせて
おけば簡単にドイツと戦争できるだろ。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 15:49:44
黄色い猿を甘く見てた事と日本を利用して開戦後はヨーロッパ戦線での戦いを最重要として日本は後回しにする予定だったから太平洋方面はハワイの備蓄戦力で充分だと認識してただけ。
むしろ隙をみせて日本に手を出させようとしてたと言うのが真相だろう。
事実、開戦からわずか半年後にはミッドウェーで日本軍は大敗し、ガダルカナルの大消耗戦で日本軍の補給の限界をさらけ出し以後は転落していく。


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 15:53:55
敗けが込んでも原爆とソ連が参戦するまで
誰もやめる方法を考えないで、本土決戦一億玉砕っていい続けたのも問題だよな
日本人は基本的に人間を使い捨てにする傾向がある

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 15:56:14
>>19
米西戦争や第一次世界大戦でも行った船舶うろつき作戦でたまたま事故に合い戦争する的な手法はフランス陥落もあり、もはや米国民の戦争支持を得るには難しかったんじゃないかな?
ドイツも第一次世界大戦の教訓からアメリカ船舶に対する攻撃は事故でも誤解でも起きないように気をつかっていたと言うし。


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 16:03:45
小磯首相が石炭自動車と揶揄された致命的な無能だった為に講和への道筋を立てる力量や調整力がなかった。
また最後に一勝してから講和するなどという甘い考え方すらあった。
大戦での戦没者は大半がこの栃木県出身首相の時。
ちなみに東条は出身東京になってるがもともと岩手県盛岡が実家らしい。
薩長閥との対決軸から東北の人物たちの無謀な派閥対立が戦争に導いた一因もあるかも。

24 :ひょーりみ ◆7rAzqBFcf. :2007/02/12(月) 16:07:48
負けてよかった太平洋戦争

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 16:11:35
ルーズヴェルトは大統領選の時に、「ボキはみなさんのご子息を戦場に送る事はしましぇ〜ん」っていっちゃってたから、どぎつく一発カマさせるハメかたするしかなかったって、読んだぞ?
そんな感じだったし、予め戦争致したい!って感じにあからさまな軍拡は出来なかったんだろ。
でも怖いのはアメリカイズム。この話しを仲の良い米国の牧師さんとしたら、真っ向から否定された。「その為に3千人もの人を犠牲にするなんて有り得ないネ」だそうで。お人よし過ぎ。以来、マジでガチるつもりがないなら、アメリカ人にこの話しをしてはいけないと悟った

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 20:31:36
どう考えても南仏印進駐と三国同盟がいけなかったな。
あれで日中双方と商売しながら
対独戦に専念したかったルーズベルトを完全に怒らせてしまった

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 22:20:37
でも本当に日米戦争を望んでいたのは、アメリカではなくて、チャーチルと
蒋介石無きがする。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 22:28:14
蒋介石は日本より共産党を敵視してたんじゃない?

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 11:44:23
関連スレ

第2次世界大戦の原因を根底から考えるスレ
http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/whis/1170052353/

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 13:48:31
蒋介石が共産党をとりあえず置いといて、日本国対策に乗り出したのは、北支工作が大因。
ルーズベルトが、日本国との戦争を避けがたいものと意識したのは、南部仏印進駐がターニングポインツ。
戦争を早く切り上げるのは、ルーズベルトのカラブランカ会談での強硬発言をみるかぎり、難しい。
小磯(プラス米内)内閣を選んだのは名簿順の消去法で、重臣らが適当に決めた。


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 22:09:50
戦争が回避不可能なもので、敗戦もやむおえなかったこととしよう。
それにしたって犠牲者はもっと抑えられたんじゃないか?
300万はないだろ、もっと人命を大事に戦えば100万人くらいで
すんだのではないのか?

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 18:35:09
開戦せずに米中露の言いなりになってれば戦死者ゼロだと思う

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 18:49:51
確かに「戦死者」という名の死者はゼロかな

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 19:06:37
餓死者が出そうだな
米との対立は避けたいが

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 22:10:25
さっさと降伏しておけば少なくとも北方領土は確保できた。
・・・っていうか300万は多すぎるんだよ。50万死んだところで諦めろ。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 22:14:58
ところで国民の戦意はどうだったんだろ。8月15日の時点でも徹底抗戦を叫ぶ過激派もいたことだし
あんまり早く降伏は納得しないかな?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 23:39:19
近衛文麿なんかは和平工作に奔走したんだけど、沖縄戦を差して、
「損害が多ければ国内に厭戦気分が高まって願ったりかなったり」
だとかいう主旨のことを言っていた。
同じく和平派の米内が、原爆投下時に「天佑」だとか口走ったのも、同じ心理からだろうと思われる。


38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 06:31:50
司馬に言わせりゃ日清日露と連勝したせいで国民が馬鹿になってた、ってことなのか?
いや、政府も馬鹿になってたんだが。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 07:05:44
途中で止めて白人支配の時代に終止符を打てたのか?

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 07:32:31
我らが中国が終止符を打ってくれます。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 11:08:04
>>39
すでに植民地独立の条件は整っていた、日本が何もしなくても結果は同じ。
まあ一部の国の独立が10年くらい遅れた可能性もあるがそれだけの話。

【植民地帝国解体の主な要因】
すでに第一次世界大戦後には欧州の世界の支配力はそうとう落ちていた。
英仏の相対的な弱体化による植民地確保の困難
アメリカの強大化(アメリカは植民地支配に否定的)
ナチスによる欧州占拠により植民地の支配が弱体化。
ソビエトによる欧州東西分断
共産主義と民族主義の融合による反帝国主義組織の成立(コミンテルンの暗躍)
西側世論の変化によって植民地の独立を容認する気運が高まる
植民地の工業化により単純な資源採掘地ではなくなってきた
アラブ民族主義の高揚

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 11:52:49
>>38
司馬に言わせりゃそうなんだろうが、世界情勢や元々の憲法の不備なども考慮しなければならない。
そのように、〇〇のせいだ、などと簡単に説明はできない。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 12:27:33
帝国憲法が中途半端過ぎた
形式的立憲君主制なのか実質立憲君主制なのか国体が定まらないまま
不磨の大典なんて戦争やめんの無理ぽ

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 17:26:39
本当に憲法の問題か?それならワイマール憲法のように進歩的ならば独裁は
防げるのか?スターリン憲法だって当時はかなり進んだ内容の憲法だぞ。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 19:54:25
憲法ひとつだけを見るじゃなく、憲法ふくめ、複合的なジゾウをだね

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 21:07:20
>>38
よりにもよって、司馬の言うことなんか真に受けるなよ・・・。
小説と現実の区別ぐらい付くような人間にならないとな。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 22:05:14
>>46
真に受けては居ないだろ。むしろ皮肉ってる。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 06:50:37
>>41
説得力が無いな

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 17:36:05
まぁマリアナ失陥の時点で無条件降伏してりゃ、少なくとも戦死者の数はもっと少なくてすんだ。

そこでイタリアみたいにドイツに宣戦布告してりゃ、多少のご褒美はあったかも。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 17:39:09
イタリア軍は弱いがイタリアは強いよな

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 19:27:18
いつも思うんだが、大東亜戦争という呼称は
主戦場だったソロモンやニューギニアやマリアナで悲惨な死に方をした人々の
犠牲をぼかすものだと思うのだが如何だろうか

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 21:05:39
>>51
何を言っているのかわからないよ
僕の読解力が足りないのかな

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 21:29:50
戦争の主戦場はずっと中部太平洋とオセアニアだったわけで、
そこでの玉砕、餓死、戦病死は涙なくしては語りえないものなのに、
大東亜という呼称だと戦場の中心が東アジアが中心であるかのような起こすじゃん

要するに海軍呼称の太平洋戦争っていった方が戦争の本質が見えてきやすいんじゃない?ってこと


54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 21:31:10
東亜って東アジアの事だろ。んでそもそも太平洋戦争って表記自体が違う戦争を表すんだし。
大東亜戦争の表記が正しいと思うがなあ。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 00:13:47
恐ろしくどうでもいーや。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 09:46:35
日本と中華民国の戦争⇒日中戦争(日華事変)
日本と連合国の戦争⇒太平洋戦争(大東亜戦争)
日本とその他全部の戦争⇒アジア太平洋戦争・15年戦争
ドイツのソ連の戦争⇒独ソ戦(大祖国戦争)
ソ連とフィンランドの戦争⇒冬戦争
ドイツとポーランドの戦争⇒名無し
ドイツと英仏の戦争⇒名無し
ドイツと米国の戦争⇒名無し
イタリアとギリシアの戦争⇒名無し

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 09:49:10
>>50
違う、イタリア軍は強かった。陸軍も海軍もそれ何に強かった。イタリア人に
やる気と石油が無かっただけ。というより日本軍よりイタリア軍のほうが装備
は強いかったのではないだろうか?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 18:57:53
どうみても逆だろ。イタリア軍として弱く、イタリア人として強い。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/28(水) 19:55:14
>>58
タラントでイギリスに奇襲されなければイタリア海軍は大活躍だった。マジで

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/02(金) 07:56:32
南の資源国を占領したのもアメリカのシナリオだったのだろうか

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/02(金) 11:47:57
歴史が一遍のシナリオ通りなら苦労はない。しかし、であるならば、それはなんと味けのない真実だろう。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/02(金) 18:55:53
戦う  →戦死者ゾロゾロ
戦わない→餓死者ゾロゾロ

どの時代にどんな手を打っておけば死者ゾロゾロの事態を避ける事が出来たんだろうな

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/02(金) 19:51:22
山県有朋など実力者が存命中に憲法改正
ハリマンと満鉄共同経営
統帥権で騒がない
満州某重大事件を起こさない
金解禁、緊縮財政を早くやめる
日英同盟を維持する
満州事変を起こさない
満州事変を追認しない
国際連盟を脱退しない
北支工作を止める
トラウトマン交渉を成立させる
南京陥落させたら深追いは止める
三国同盟をしない
三国同盟するならするで、すべてを松岡洋右に一任する


まだ何かありそうだが…


64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/02(金) 19:56:09
戦後日本みたいに軍需で経済的に大きく成長って無理なの?

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/02(金) 20:19:43
軍需ということは大陸でドンパチやってもらうという訳か。
蒋介石と協力して、共産主義と自由主義の戦いを前倒しにさせるとか。
トラウトマン工作のときに、蒋介石は「日独中(国民党)」で連携して、打倒共産党を図る
という計画を密かにもっていたとかなんとか、陳さんが語っていたような。
結局ならなかったんだからしょーがないがな。


66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/02(金) 23:15:46
軍事企業は国家にとって諸刃の剣だからなぁ

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 20:41:22
>>51
日本側呼称の大東亜戦争はアジア独立の正義の戦いであるとのイメージになるのを嫌って米国呼称の太平洋戦争を使うように強要した経緯があったはず。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 21:08:50
>>62
アフォですか?朝鮮と台湾から米を徴発すれば即解決。

69 :三蔵 ◆Cl1Sem01bU :2007/03/03(土) 21:12:05
>>67
死んでいった者達は「アジア独立の正義」と云うそのような大義名分が有る事を知っていたのでしょうか

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 21:41:22
一般人が知らなきゃ大義名分にならん。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 22:34:29
太平洋全域に戦線拡大せず南方の制空海権だけに力を注いでたら
いい感じで講和できたかな?
でもそのうちドイツ、イタリアが負けてヨーロッパの連合軍も相手にしてたか

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 22:55:41
あくまで結果論ではあるが
ドイツ、イタリアと組んだ時点で駄目だったんだな。
敗戦直前に巧みに連合側に寝返るなんて芸当ができるならともかく。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 23:19:07
アジアというか近所で同盟組める相手がいなかったのが悲劇かもしれんな

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 23:29:06
近所で同盟とか寝返るとかって…
戦国時代じゃないんだよ君w

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 23:31:35
いやさ資源がない国だからさ、よく単独で戦争したよなと思ってさ

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 23:33:28
タイは同盟国だったが寝返ったぞ

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 23:57:12
帝国主義としてのスタートが遅いわりには活躍したな。次回は失敗を活かして欲しいですね。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/04(日) 00:07:46
日米大戦はシナ事変から既に始まっている

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/04(日) 00:19:32
>>74
第一次のイタリアとか。
ちゃっかり勝利国側になってやがるw

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/04(日) 00:21:47
23 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2007/02/09(金) 21:27:33
イギリスが戦敗国であることは有名だが、アメリカも負けず劣らず戦敗国なのである。
中国権益の独占を目論み、日英同盟を破棄させて日本を戦争に追い込んだところまではよかったが、
日本が負けた後、中国では共産党が政権を握り、アメリカが援助した国民党は台湾に追い込まれてしまう。
従ってもともとあったユダヤ系列の権益を共産党に奪われてしまった上に、
日本がそれまで一生懸命戦ってきた「北」に日本の代わりとして対峙しなければならなくなった。
ヨーロッパ戦線でも、イギリスは結局開戦の基となったポーランドを共産主義国にされてしまったうえに、
スターリン率いるソ連の衛星共産主義国を大量生産する結果となったのである。

戦勝国は 中 国 共 産 党 と ソ ビ エ ト 連 邦 の二国だけなのだ。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/04(日) 10:20:40
結果的に見れば真の勝者は日本だな。
分割統治されたわけでないし、世界第2位の経済大国だし、中露からの圧迫感はなくなり安全保障の戦費負担は軽減した揚げ句に通商交通路の安全まで米海軍が間接的に負担してるようなもんだ。
こんなに良い地位を得られた日本に対して戦争を繰り返さないといけない米国が世界各地で死傷者をだし高額な軍事費を浪費し反米を輸出するんだから敗者も同然。


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/04(日) 10:39:36
そんな良い国を財布や妾の如く扱える米帝こそ勝者。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/04(日) 14:42:57
大東亜戦争で日本が壮絶な戦争を各地で行い、多大な犠牲を払ったからこそ、
結果として、世界大での帝国主義政策の誤りが是正され、植民地支配がなく
なり、ブロック経済のゆがみがただされ、世界に民主化と国際協調の枠組みが
確立していった。
中途半端に大日本帝国が残っていたり、めちゃ負けせず、その体制が維持され
ていたら、世界の、とりわけ非植民地国の不幸はもっと続いていただろう。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/04(日) 14:50:10
こんな人もいたのにな。

http://navy75.web.infoseek.co.jp/kaisouroku/kaiso-26.html

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/04(日) 19:41:21
1>>84
「貝になりたい」という映画を思い出した。・゚・(ノ∀`)・゚・。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/04(日) 19:42:24
うえの1は誤打さ

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/04(日) 22:26:17
まっナポレオン戦争が革命の輸出であり、自由と独立の種を欧州全土にばらまいた。
日本人は大東亜戦争でアジアに自由と独立の種をばらまいた。
世界史的視点で言えばアメリカ独立戦争→フランス革命→ナポレオン戦争→大東亜戦争と自由と民族自決の思想は伝播していったのさ。

88 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/03/05(月) 01:33:17
実になって返って来ればいいんだけどな。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/05(月) 01:35:02
カルタゴにならなければいいけど

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/06(火) 12:00:32
>>83
アジアの愚民達は帝国主義の圧政から解放されて、共産主義、アラブ民族主義、
イスラーム革命、泥沼内戦、開発独裁による圧政のもと幸せに暮らしました
とさwwwwwwwwwwwwwwww。めでたしめでたしwwwwwww。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/06(火) 12:05:03
>>87
その民族主義の行き着いた先がユーゴ内戦や中共の漢民族至上主義、南米の
左翼民族主義なわけだよな。日本もクダラン思想をばら撒いた大馬鹿者の一人
にすぎないということだ。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/06(火) 12:11:00
そろそろ
欧米帝国主義=圧政、搾取、悪
という思想から抜け出せよ。
植民地に鉄道敷いて、工業化を進め、人治から法治主義に切り替えたのは
ヨーロッパのおかげだろうが、帝国主義が無けりゃアジアなんて単なる土人だろ
今どきそんなこと言っているのは日本人と左翼民族主義者および共産主義者
だけだぞ。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/06(火) 13:11:13
思想がないと人間は生きていけない。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 12:17:16
太平洋戦争なんて馬鹿な事するから・・・


95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 12:33:38
さっさとドイツの軍門に降って犠牲を最小限にしオマケにレジスタンス神話
まで創ったフランス。

ムッソリーニを追い出して戦勝国になることに成功したイタリア。

勝てもしない戦争を続けて、310万人も戦死させ大陸の領土は全て失い北方領土
まで盗られた日本

日本降伏後も内戦を続けて何百万人も死傷させる中、韓

■結論■
東洋人はアフォである。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 12:39:33
戦争に負けてドイツや日本はすっかり良い子になったね〜。
ロシアと中国も一度、徹底的にやられるまで民主主義は根付かないんじゃないか?

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 12:40:16
ついでにイスラムも一度、廃墟にしたほうがいい。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 13:56:35
東洋はアホか。仏教の根付く土地はやはり違うな。
東洋の神秘。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 14:11:10
>>1
石橋湛山が言うように、植民地を切り捨てたお陰で戦後は発展できたんだが……。

とマジレスしてみるテスト。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/08(木) 19:27:53
映画「南京の真実」

 今年、中国が南京戦の反日プロパガンダ映画を6本も作り、アメリカや世界中で公開されます。
これが公開されると日本はナチスと同じ事をしたと世界中から未来永劫言われ続けるでしょう。
中国共産党や朝日新聞の捏造によって地獄に落とされた人々の魂は我々日本人自身で救わなければなりません。
今年が日本にとって汚名を晴らす最後の機会なのです。

これに対抗する映画を製作するプロジェクトが進行中です。ご協力をお願いします。
http://daikichi1966.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_a3fa.html

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/08(木) 20:36:25
ナチスドイツと同盟組んだのは恥だな

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/08(木) 21:20:34
ドイツは欧州の韓国。あの国と関わるとろくな事がない。
日本が常任理事国になれなかったのもドイツなんかと手を組んだからである。
またフランスはドイツと手を組んでから国際的影響力が落ちる一方である。
言うまでも無いことだがドイツと組んでオーストリアとオスマン朝は版図が
5分の1以下に、ドイツが関わった十字軍は全て敗退。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/09(金) 09:19:26
戦時中、日本軍がインドネシアのムスリムにメッカと共に皇居を拝むことを強制したと言う話を聞いて
これは負けても仕方がないと思った。
大アジア主義が、その実践にあたって、日本土着の宗教である天皇崇拝の
積極的な輸出とイコールになっちゃったのが一番の敗因なんじゃないだろうか

太平洋戦争前も滿洲、台湾、朝鮮、中国、内南洋に神社建てまくって植民地人に天照大神と、
その子孫である皇族を崇拝させるような宗教政策をとってたけど、
モンゴルやオスマン帝国やイギリスがやったような、政治的には支配しても
宗教には手をつけてはならないという大原則を無視した国が
世界で最も多様なアジアの盟主になれたとは思えない

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/09(金) 09:22:59

中国人監督官が労働者らに発砲、 46人が死亡
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1172458500/l50
【アフリカ】「メード・イン・チャイナ」と書かれたTシャツを引き裂く…なぜ今アフリカで反中感情が…?



105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/09(金) 22:05:33
>>103
靖国反対の創価乙

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/09(金) 23:42:17
>>105
何があっても占領地の土着の信仰に手をつけないのは異民族統治の基本なんだが
日本の軍政、民政ともにその統治の基本が出来てなかったことの指摘だろうが

オスマン帝国がキリスト教徒ににトプカピ崇遙を強制したか?
イギリスがインド人にバッキンガム崇遙を強制したか?
普通どこの国でもやらせないようなことをさせたのが
占領地や植民地人の反感を買ったのは歴史的な事実だぞ。どこから創価が出て来るのやら
右翼って本当に頭が悪いんだな。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 01:06:21
〜韓国のバラエティー番組の一コマ〜
チャ・スンウォン
「悪いことをするときは日本人というんだよな、必ずね」
「足を踏んだら、すいません(日本語で)」
観客爆笑
「小さな愛国心ですよ(笑)」
http://youtube.com/watch?v=YD4yKYP7Tvs&mode=related&search=
これでMost Viewed を目指せ 、コピペもよろ      ↑
                                ↑
同じのがウプされてるけど、この英語のサブタイトル付きじゃないと
Most Viewed になっても意味無いからな


108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 23:57:40
皇道主義

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 15:38:03
敗戦国は、都合のいい時に戦争をやめとけばといつも考える


110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 18:16:52
ハルノートで
千島全島と南洋と台湾と朝鮮の割譲を要求されたわけでもない。
満州国の解体を求められたわけでもない。
象徴天皇制を突きつけられたわけでもない。
他にも憲法改正やら300万の死者やら工業インフラ・文化財の破壊・・

信じられないほど最悪な結果をもたらした。
結果論ではあるがあれほど最悪な出来事は
これから日本が1万年続いてもないだろう。

兎に角最低最悪な戦争だった、日本にとって。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 19:12:51
第二次世界大戦とはアメリカによる正義の十字軍による巨悪の討伐戦争であった。
アメリカ様の第二次世界大戦、冷戦、イスラム原理主義討伐によって世界の平和は
守られてきたのである。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 19:47:50
米帝の犬乙

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 22:42:05
この戦争は日本が負けてあげたんだよ
偉大なる大日本帝国がアメ公如きに負ける要素なんて一つたりとも無かったし

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 23:16:51
>>113
大日本帝国がアメ公に勝っている要素って1つでもあるのか??

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 10:51:45
武士道

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/14(水) 16:57:38
必勝の精神があれば飛行機も飛ぶしB29は竹槍で落とせるのだ

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/14(水) 20:03:04
>>116

必勝の精神がなかったのは残念だったな


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 08:53:48
一部とはいえアメリカ軍を脅かした日本兵の突撃

撃っても撃っても、日本兵は次々とただまっしぐらにやって来るんです。
とにかくまるで自殺するように、ひたすら機関銃の銃口に向かって突き進んできました。
私達なら一度態勢を整えて違った方向から攻めるとか、失敗した次は別のやり方を考えます。
それなのにいつも同じ戦術を繰り返す日本兵のことが理解できませんでしたし、指揮官はバカではないかと思ったのです。
目の前にいたエドソン中佐は日本兵の方を指差しながら
「あいつらはガッツがある」と言ったんです。
それを聞いて気が狂いそうでした。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 15:49:35
ソ連と不可侵条約を結んだのが悪かったな。
むしろドイツの要請に応じてシベリアに出兵しソ連を挟撃、
独ソ戦がドイツ勝利の展開になれば、
アメリカの参戦もなく、その時点で大戦終結。
戦後、勝利者側として領土分配会議に参加できたかも知れない。


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 14:36:35
ソ連相手に侵攻したら日本軍は大敗しますよ。牽制役すら満足にできないよ。
だいたい極東ソ連領を占領しても旨味はない。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 16:09:47
草加の言うとおり原爆を作ればよかったんだ。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 09:22:06
米国とは戦わずに英仏蘭とだけ戦えばよかった。
フィリピン・グアム・ウェーキ・キスカ・アッツを奪ったところで実益はまったくないだろうし。
弱り果てた英国とインド国境で和睦し日英同盟復活なら神外交。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 14:00:30
「米国とは戦わずに英仏蘭とだけ戦えばよかった。」

可能だろうか?

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 16:30:53
当時の政府と国民をバカだと思う気持ちはわかる。しかしそれは想像力が足りない。

この10年以内に、敗戦時国民が経験したのと同じくらいの衝撃の価値観変換を求められるだろう。日本が破綻するというシナリオにより。もしそうならず、混乱を抑えるため日本政府がじわじわ価値観を変化させようとするなら国民の苦しみは長引くだけだ。
資産凍結を効果的に行うため、国は国民の寝首をかく必要がある。

敗戦後の混乱期にもし我々が直面したとしたら、我々は生き残っていけるのか?

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 00:55:45
真珠湾奇襲せずにひたすら開戦の口実を米国に与えずに英仏蘭と戦えば米国民の世論は日独伊との全面戦争に反対を続けたと思う。
独ソ戦にドイツが敗退しそうになればどう転ぶかわからんが…。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 08:57:34
米国は英国の要請を入れて欧州戦に参戦し、ドイツを片付けた後、枢軸国の日本と戦うと思う。
(三国同盟がネックで日米戦は避けられそうも無い)

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 09:39:04
日独伊三国軍事同盟が問題になるね

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/22(木) 10:46:34
三国同盟は、日米避戦のための同盟。最終的には、日米で協力して大陸を平定するための布石。
>>119
独ソ開戦の時点で、日ソ不可侵条約を無視して北進を唱えていた外相が居たね。
これは南進して英米と衝突する事態を避けるため北進を唱えた…とも言われている。


129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/22(木) 22:42:19
>>128
アメリカを牽制するつもりが、裏目に出たんだろう。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/29(木) 23:00:27
ルーズベルトが開戦したがってるしね

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/20(金) 09:14:10
戦略がアバウトしすぎるし戦術も刀で特攻だし無理だろ

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/21(土) 21:10:44
デスラー総統万歳!! デスラー総統万歳!!

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 17:23:32
歴史を裁いてはいけない。歴史を語る時は敬虔であれ。現代の日本人は、先人たちを批判する前に、拉致問題など今の課題に取り組むべきだ。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 18:10:56
あの戦争は…物理的には負けた…な
しかし、白人支配に終わりを告げ今や日本が消滅すると世界が荒れる位置にまで上り詰めた
後はあの時に奪われたものを取り返すだけだ

日本のすごいとこは敗北から敵に学びいずれは敵をひねり潰す志を決して忘れないことだ

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 20:43:43
実際、どの辺りで停戦すれば良かったんだろうな

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 23:21:53
満州事変直後

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 23:38:38
始まってもいねえよw

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/11(金) 01:46:34
>>137
始めないで済むなら、そっちの方が。。。


139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 04:44:00
「大東亜戦争」という名称を使うのなら、あの戦争を何らかの局面で肯定し、是認しなければならないはず。
「途中でやめとけばよかった」という議論がしたいのなら、「太平洋戦争」と呼べばよい。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 12:42:03
大東亜戦争=かっぱえびせん
やめられない止まらない・・・・・・・・・

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 21:08:31
>>139
インパールとかビルマとか明らかに大平洋じゃねーし。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 19:35:43
もしも日本が中国の占領地を全て放棄してアメリカのいうことを聞いていれば・・・。

@中国の共産化はありえなかった。また社会主義に対する極東の番兵として国際的影響力も拡大。
A廃墟かした欧州にかわり1950年代には戦勝国として世界に冠たる大日本帝国として繁栄を極めていた。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 18:26:04
アメリカが要求したのは中国から
軍隊及び警察の撤退だよ。
中国自体を放棄しろとは言ってない

144 :開戦愚策:2007/07/05(木) 14:38:14
日本から対米戦争を仕掛ければ、勝つか降伏するかしない限り出口はない。
あくまで米側の仕掛けを待つべきであった。経済制裁されて窮地に陥ったが、
石油ゴム等の必須資源は、蘭英の東亜植民地に満州国のような独立国を画策
して入手すべきだった。蘭英との紛争に米国が介入してくるだろうが、その過程で
ハル4原則の欺瞞「太平洋における現状の不攪乱」を徹底的に叩く。
植民地は、他国を掠め取った領地であり、蘭英側にもその正当性を堂々とは主張
はできない。「太平洋における不当な現状の是正」にこそ付け込む余地かあった。
米国側の武力介入であれば、適当な所で講和を切り出す口実はいくらでもあった。
リメンバー・パール・ハーバーのように挙国一致することもない。

しかし南進をするのなら、支那は棄てるくらいの頭の切り替えが必要であった。
三国同盟はその実効価値が低く、中立の利を棄てる下策であった。
 と考えると当時はハル氏と渡り合える、たとえば金正日のような不埒な人物
がいなかったのが惜しまれる。

145 :俺が山本五十六なら勝てたな。:2007/07/05(木) 22:24:05
真珠湾を征服するだろうなそれから総ゆる秘密を暴いて米国本土にテロリスト搬ぶ
当たって砕けろ戦争じゃ勝てるわけあるまい。

146 :ドン・ベムーゴ ◆eaYqa3SeLE :2007/07/06(金) 00:07:34
>>141
ハワイやガダルカナルは大東亜ではないな

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 16:19:38
日本海を掘って油田を掘り当てると同時に、中国共産党を蒋介石と結んで滅ぼし、その後、ソ連をアメリカと結んで滅ぼしていく過程で、満州(万里の長城以北)を開拓しながらアジアの共存を訴えていけばよかったんではないか?
取り敢えず、軍部の胡散臭い奴らを2月26日くらいに滅ぼしてから。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 21:16:27
日本が統治したアジア(国名は失念)で日本語教育してたけど、
日本語オンリーにしようとしてたのなら、
その国の文化や伝統を否定することにならないか?

それとも現地語をメイン言語に残しつつ日本語も少し覚えてねということ?



149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/09(月) 02:59:53
戦線拡大しすぎ中国、東南アジア、太平洋全域って
ほんとうに陸軍と海軍てそれぞれ好きにやってて仲悪かったのな

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/10(火) 08:49:24
148
文字も読めない地域が多い国の教育だから、
文化を否定するとかじゃなくただ勉強するためのツールみたいな感覚で教えたんじゃね?
英語で授業させるわけにもいかんし

韓国にハングルを教えたんだしね

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/10(火) 14:13:52
そういえばハングル残したんだよな。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/10(火) 20:29:45
口で大東亜解放といいつつ白人国のヴィシーフランスにベトナム人が搾取されるのを承認していた日本軍

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 10:50:11
左翼の方ですか?

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 17:41:12
↑事実を事実としてみれない皇国厨

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 15:39:10
大日本帝国神話

白人絶対至上主義 人種差別が当たり前のようにまかりとおってた時代
欧米列強により、有色人種は土地、家屋、資源、全てが支配され
そこに住むアジアの人々は、奴隷にされ無償強制労働を強いられていた。
満足な食料など与えれるはずも無く、次々と死んでいった人達は塵のように扱われていた。

血も涙も無い白人帝国時代だった

しかし、ただ一カ国だけ白人、欧米列強に立ち向かう気概と力をもったアジアの国があった。

その国は

 
「 大 日 本 帝 国 」


信じる者、愛する者のために、たった一カ国で超大国アメリカ、中国、イギリス、オランダに立ち向かい
東南アジアに夢と希望を与え4年半の死闘末滅んでいった、神話の国家である

大日本帝国神話
http://specific-asian-flash.web.infoseek.co.jp/shinjuwan.html


156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 18:33:24
日本と似すぎているカルタゴの運命
小 中 大
001 名無しさん (2007/07/25(水) 09:39:30 ID:E1mAdvtM)
カルタゴは紀元前250年頃、地中海に覇を唱えていた大国でした。
第2次ポエニ戦争に負けて、戦勝国から武装を解除させられ、戦争を放棄することになったカルタゴは、
戦後の復興を貿易一筋で見事に成し遂げ、戦後賠償も全てきれいに払い終えました。しかし、その経済を
脅威だと捉えたローマ帝国によって、結局は滅ぼされてしまいました。
滅ぼされる直前、カルタゴの愛国者であるハンニバル将軍は、ローマの考えを悟り、祖国の危機を
カルタゴ市民に訴えましたが、平和ぼけした市民は耳を貸そうとしませんでした。
それどころか「ハンニバルは戦争をしようとしている!」と中傷する者さえいました。しかも、最終的に
ハンニバルはローマに洗脳された者達によってローマに売られ、自殺にまで追い込まれてしまったのです。
平和ぼけした市民は、ローマから無理難題を次々に要求されてからはじめてハンニバルの警告が正しかったことに
気が付きましたが、時すでに遅く、徹底抗戦に踏み切るもカルタゴの陥落を防ぐことはできませんでした。
この間、たった3年の出来事でした。

ちなみに、生き残ったカルタゴ市民は約5万人でしたが、その全てが奴隷にされてしまいました。
城塞は更地になるまで徹底的に破壊され、再びこの地に人が住み、作物が実らぬように大量の塩が
撒かれたと言われています。

これはただの負け方ではありません。まさに地上からの抹殺です。

この悲惨なカルタゴ滅亡の理由は2つあると言われています。

1つは、カルタゴ市民が軍事についてほとんど無関心だったことが挙げられます。
もともと自国の防衛はおおむね傭兵に頼っていた上に、国内世論も「平和主義的」な論調が強く、
有事に備えて軍事力を蓄えておくといったことはままなりませんでした。

2つめは、国内の思想が分裂状態であったことが挙げられます。そもそも挙国一致して事に当たらなけ
れば有事を乗り切ることはなかなか難しいものですが、カルタゴにはそれがなく、戦時中にハンニバル
が外地を転戦している間も市民は素知らぬ顔をしていました。そして、ハンニバルを売り渡したのは、
ローマに洗脳されたカルタゴの売国奴達でした。

自らの手で愛国者を切り捨てる・・・かくしてカルタゴは「滅ぶべくして」滅んだわけですが、私は今の
日本がこのカルタゴに酷似している様に見えて仕方がありません。
今こそ日本の国防を真剣に考えないと本当に危ないと思います。

http://youmenipip.exblog.jp/5963076


157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 20:46:13
ソ連との冷戦をアメリカがやってくれたんだからいいじゃないの。
対ソ連に軍事費つぎ込んでたら今の経済発展はなかったよ?

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 19:38:53
大日本帝国がミッドウェーに勝ってたら、戦争に勝ててたかも。
戦争は負けていい訳がない。元から日本の作戦はさっさとミッドウェーとって、
アメリカの本土を空襲して、早期講和条約締結だろ。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 23:23:57
ミッドウェーで勝っても最終的には日本の負け


月刊「正規空母」とか週刊「護衛空母」とか・・・勝てるわけねえ

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/05(日) 02:15:19
勝てたかも

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 17:23:31
原爆がなかったら徹底抗戦してたのだろうか

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 17:40:57
戦争がもっとあったら良かったのにな・・・


163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 18:32:10
勝負事は自分に有利な状況のままでやめることはできない。
本人がもっと勝てるかもと欲を出すのが一つの理由。
そして最大の理由は、相手がとても勝てないと観念しない限り勝てると思って
勝負を降りてくれないことだ。
勝てるとふんだ相手に劣勢の状態のままで誰が勝負を降りるかね?

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 13:24:48
せんそうきらい?

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 17:20:12
また屑右翼の現実逃避スレか

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 13:59:15

         誇り

  〜伝えよう この日本のあゆみ〜

http://jp.youtube.com/watch?v=qJOK8YH-14s
http://jp.youtube.com/watch?v=366EzV5mgQ8
http://jp.youtube.com/watch?v=xUeMEHdsuOM


1945年8月15日 日本の戦争は終わった。

私たちの祖先は、日本人としての誇りを持ち、日本を守るために戦った。

しかし、戦争に敗れ、この国の未来を私たちに託した。

戦後、世界は安定と新秩序を目指すが、

現在まで戦争、紛争が途絶えることはなく、今日もまた、

罪も無い尊い命が犠牲になっている。

日本人であるからこそ 世界に貢献できることを

歴史を学び、真の世界平和を希求する。

いまこそ、あの時代を見つめなおし伝えよう、

日本のあゆみを・・・

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 11:20:17
外交力の弱さは当時も今も否めない。この外交力で回避も途中離脱も無理じゃないかな
弱さって書くと当時は語弊もあるかもしれないが
外交官も外ばかりみて内の賛同も得られないわ上手く交渉できないわ
内府や国民も内ばかりみてバックアップしない。島国ゆえの根源的課題を抱えてるよーな
じゃー島国の利益追求した挙国一致外交を展開するのかったら
途中で危険性に気づき失脚させる歴史でしょう? 派手な争いとセットだからな
具体例だせばいくつも出せますよ。板的に既出で省きますけど

何が言いたいかっつったら外交の失敗なら武力解決しかない。交渉下手だってこと
外交官がどれくらい仕事さぼってるか?仕事しても評価されないか?
国民は当時も今も外務省、外交行為に無関心だと思う。根源的に外交力の無さ抱えてる

今は外で上手いこといって内で上手いこといってるだけだよ

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/21(火) 01:20:06
国家や軍隊の統制が、どれだけ難しくて骨が折れて、内部にウラミを作るか
知らない人は幸せですね。

信玄公も謙信公も、それはそれは苦心惨憺されたのですよ。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 19:23:33
へー。
どれだけ難しくて骨が折れて、内部にウラミを作るか
具体的に説明してくださいよ

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/24(金) 01:19:59
どれだけかっていうとまぁ、とってもです。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/29(水) 21:06:54
当時は今と違って中国と日本の国力が拮抗してたし、
中国の統一強大化が嫌だったってのが本音だろ>対中戦略
歴史的に統一中華には虐げられまくりだったから、なまじ日露と国連理事国で
東亜の盟主という自負をもった近代日本は昔に戻るのが嫌だったんだと妄想してみる。
といっても日露で負けたらそれはそれで亡国必死だとは思うがなー

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 03:42:56
>>169

外交は上手かったでしょ、昔は。

日露戦争になぜ勝てたか?日英同盟が大きかったんだよ・・・多分。補足希望w

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 12:37:03
ミッドウェー海戦があまりに早すぎたんだよ。
中国全土を制覇して、中東方面の資源を確保してそれからいけばまだ勝ち目はあったかもしれなかったと。


174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 15:34:07
>>172

イギリスから良質な燃料を援助されたおかげで
日本海海戦に勝てたらしいよ

ロシアの燃料は質が低かったんだって

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/17(月) 01:11:01
 そういえば日露戦争の時は米英がバックにいたんだよな。
ロシアとの講和もアメリカがうまいことやってくれたし。
太平洋戦争ではその米英とケンカになってしまった。
そりゃ勝てないわな。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/19(水) 19:35:40
日本は当時も今も外交戦略が下手。外交というと表立っての正式なものばかりで、
裏で相手を操るとか世界の世論を操作するといった試みは殆どなされてない。
で、結局最後は相手にごり押しされてしまう。内弁慶なんだよ。日本人同士の
政治家に対しては批判したり足を引っ張るが、アメリカや中国などに対しては
大人しい。結局外圧がないと何も変わらない国、それが日本。

177 :A.A:2007/09/21(金) 19:21:32
>>152
日本が大東亜の解放という戦争目的を掲げながら、仏印は開戦後も
アジアに残る唯一の欧米植民地として、昭和20年3月9日の明号作戦
、仏印武力処理が行われるまで存在し続けた。それはこの戦争が自存自衛
に始まり、つまり、援蒋ルートの遮断を目的にフランス植民地政権の協力
を必要としたこと、そしてその後、戦争目的との矛盾に苦しんだ日本が
大東亜の解放という理念を裏切らなかったことを端的に表している。そして
戦後、アジア、アフリカの植民地が次々と独立していき世界地図が塗り替え
られたことはいうまでもない。大東亜戦争はなんら恥ずべくもない戦争で
あったのではないか。
ない

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/21(金) 19:29:48
>>177
援蒋ルートってなに?

179 :A.A:2007/09/21(金) 19:46:30
>>178
援蒋ルートってのは、当時日本は宣戦布告なき、戦争を中国とやっていた。
そしてそれを戦争じゃないからシナ事変と呼んだ。中国といっても、共産党や
蒋介石の国民党と戦っていたのだが、主力は蒋介石の軍隊だった。そして、
ABCD包囲網って聞いたことあるだろうけど、アメリカ、オランダ、イギリスは
この蒋介石に半ば、公然と援助物資を送っていた。そのルートはソ連からとか、
ビルマからとか、中国沿岸部からとかのルートがあったのだけど、その中でも
最大の輸送力があったのが仏印ルート、フランス領インドシナ、今のベトナム、
ラオス、カンボジアだった。その仏印ルートをおさえるために、日本は仏印に
行ったんだよ。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/21(金) 20:53:49
情報戦の概念じたい無いからなぁこの島は。黒人をもっとハッキリ味方にすれば良かったと思うよ。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/21(金) 20:59:59
ちなみに米国一般市民の朝食はケロッグかバナナ。昼食はピザとコーク。夕食はドラッグストアの駐車場でハンバーガーだ。味もソッケも無いビールしかなく煙草も吸えない。
情報戦争しようぜ


お前ら騙されてるんだよって

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 12:13:46
>>181熱量的には十分。
オイルタンクが歩きまわる醜悪な光景よりはマシ。

一度手を出したら、米西海岸まで押さえないと太平洋戦略は成り立たない。
途中で止めるなんて無理。


183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火) 10:47:02
まあ、戦略的に有利な側が、作戦的・戦術的に一時的な敗北を喫したからって、戦争をやめるはずがない。
「大男、総身に知恵が回りかね」の正反対の諺に、
「小男の総身の力も知れたもの」というのがある。
日米の戦争の構図はまさにコレ。
最初に向う脛を蹴られて、態勢を崩したからといって、基礎体力が圧倒的に違う。
しかも、この大男は決して、知恵も足りないわけではなかった。

対米戦に関するあらゆるIFを検討し、それらが成功したと仮定しても、
せいぜい、戦争を数ヶ月から数年、引き伸ばす結果しか得られないだろう。
日本のような小男には、結局、過ぎた喧嘩だったんだよ。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火) 14:18:39
相手国の情報操作とかって結局は民間レベルでどれくらいパイプがあるかでしょ。
パイプがないうちは、外交官が率先してひたすら相手国にゴマすりしてコネ作り。
日本人の悪い癖で「日本の国益」というゴールを忘れて手段のはずのゴマすりにのみ
いつまでも注力してたのが先ごろ批判された対中バラまき外交。
「君子豹変す」てのが身につかないんだよね。要領が悪い。
対米戦争に至ったのも、この辺の要領の悪さと国内の衆愚政治のせいでしょ。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 01:45:13
>>363
ピカチュー大将軍の弟か従兄弟あたりじゃね
んで、トリスタンとラウニィーの情事を見て
くそーラウニィーとズッコンバッコンズッコンバッコンピュピュッピュピューってしてー
って思ってそれを実行しようとしてトリスタンに見つかってランスロットとカノープスとウォーレンと
ミルダスとギルディンとデネブが呼ばれてヴォラックは捕まってしまって地下の拷問室で
毎日毎日肛門にカボチャ入れられたりミルダスとギルディンとの3Pやったりランスロットのロンバルディアで
キンタマ1個取られたりウォーレンの占星術で不吉な予言を毎日聞かされていたぶられて
ヴォラック・カタタマ、ウィンザルフになってしまってゼノビアとかに居れなくなって
復讐してやると思ってローディスに行ってバールゼフォンに「うほっいい男」って言われて
お尻合いになってしまってそのままテンプルコマンドになったんだと思う

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 02:07:56
オウガバトルスレと間違えてるぞwww

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 03:28:21
あと一歩でアメリカ合衆国がアメリカ県になってたのに

49 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)