2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

おまいらが確信(妄想)してる歴史事実って何さ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 20:46:16
俺は竜馬暗殺は西郷の指示によるものだと思ってる

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 20:51:23
継体天皇から新王朝が始まった

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 23:31:42
民主党の小沢代表の確認書は子どもでもわかる捏造


4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 23:54:37
俺は世界史上最大の英雄は>>4だと思っている。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 23:55:46
失敬>>6の間違いでした…

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 23:59:42
>>2
いや、天武からだろ。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 01:24:22
>>6
途切れてんじゃねーか。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 01:37:56
俺は龍馬暗殺はスーパーフリーメーソンだとオモ

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 05:43:01
龍馬暗殺は長州に決まってるだろ。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 09:48:56
本能寺の黒幕は家康

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 17:18:43
ジャンヌ・ダルクと上杉謙信はキチガイ 頭のネジがどこか狂ってる
いや、だから好きなんだが

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 02:26:18
本当は義経が本気で頼朝打倒を企んでたんじゃないかな。

13 :冷砲 ◆RX/MoGZ9xs :2007/02/23(金) 06:12:09
穴山梅雪は家康が殺したと思ってる。
なぜ一人だけ一行と別ルートを選んだのか…

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 12:13:25
高杉晋作は阿片中毒

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 18:38:43
天海僧正は明智光秀♪

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 19:27:49
九州王朝はあったw

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/27(火) 04:12:00
江戸以前は全て想像上の人物。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/01(木) 07:42:37
卑弥呼の鬼道は五斗米道の事だった

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/09(金) 21:55:46
卑弥呼=アマテラス

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/09(金) 22:01:38
関東に大王はいた!

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 11:52:16
蝦夷最強!坂上田村麻呂の10万の軍隊を軽く捻り潰した!

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 20:36:12
人間の歴史は人類の暗愚さを証明したもの。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 17:05:42
道長と紫式部の肉体関係

24 :B@a:2007/03/16(金) 22:32:49
核保有の陰と韓文化の陽で世界制覇するため太極旗を掲げた。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 23:04:10

戦後政治における最大のタブーは、アメリカが在日とメルヘンを
日本の間接統治にいかに利用したかという問題だ

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/22(木) 18:50:37
道鏡は座ると膝が3つ

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/22(木) 22:44:57
信長の桶狭間での勝因は、降伏誓紙をかわすといって義元を指定の場所へおびき寄せ、小数精鋭で急襲する騙し討ち。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/23(金) 00:23:00
上杉謙信は女

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/23(金) 12:41:46
日本民族はムー人の子孫

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/23(金) 12:50:52
陸遜は美少年

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/23(金) 14:48:10
壇ノ浦夜合戦記みたいな、義経と皇后の肉体関係

32 :B@a:2007/03/23(金) 23:45:32
義経と静が入れ替わって御前が仁義素癇に。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 09:27:12
義経が大陸に渡ってチンギスハンになったw

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 09:31:55
蒲生氏郷は、豊臣秀吉に毒殺された。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 10:52:58
朝廷と明智光秀は結託していた!

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 15:11:06
藤原不比等は天智天皇の子

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 16:33:03
            ____
   n       /⌒  ⌒\
   | |    /( @) (@ ) \
  i「|^|^ト、/::::::⌒(__人__)⌒:::::: \   もはや政府転覆しかない
 |: ::  ! } |    /| | | | |      |   
  ヽ  ,イ \  (、`ー―'´,    /

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 14:14:13
厳かな雰囲気に包まれた日本の議場、壇上に立つは軍服に身を包み
原稿を手にする一人の紳士。その面前には百人超の議員達、実に恭しく
敬礼している。
が、次の瞬間議員たちの間にどよめきが起こる。というのも壇上の紳士が
にわかに原稿をくるくる丸めると、望遠鏡のようにそれを覗き込みながら、
辺りを見回し、へらへらとしまりのない笑みを浮かべているのである・・・

お分かりであろうが、この紳士とは大正天皇その人であり、彼は天皇の
業務をおよそこなし得ない白痴であった。この逸話は、皇室に関する醜聞
がタブーとされる日本において陰ながら語り継がれてきた。

斯様な彼の知的障害は、遺伝性のものであり、明治期以前の歴代天皇家
の近親相姦が原因であった。かつて天皇はごく一部の血縁ある公家としか
通婚せず、その血はおのずと濃くなっていった。

こんにちにも、現天皇のいとこもまた軽い知的障害があり、先日の皇太子妃
雅子の流産も、胎児に身体または知能に障害があったために秘密裏に人口
中絶したのではないかと、まことしやかに囁かれているのも事実である。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/30(金) 22:10:11
どうでもいいが、相当不勉強なコピペだなそれ。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/08(日) 08:12:25
松尾芭蕉は幕府の隠密

41 :B@a:2007/04/11(水) 23:25:36
やれ一茶 公儀が手を摺る 脚を磨る

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/13(金) 17:31:16
南京大虐殺は中国の捏造
あったとしても少数

在日は密入国者

43 :B@a:2007/04/19(木) 00:21:48
今年の地震は半島からのミサイル攻撃が原因

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/19(木) 01:14:01
沖縄県の方へ(命に関わる注意事項です)

沖縄県での選挙ですが、どうか民主党だけは避けてください。県民の生命に関わる可能性があります。
民主党の最大の公約は一国二制度(※)ですが、一度「一国二制度 沖縄」等で検索をお願いします。
この際、民主党のHPで調べても良いです。以下の注釈↓と矛盾することは書いてないはずですから…

※一国二制度
 簡単に言えば沖縄を中国と日本の共有物にし、そこに3000万人の中国人を入植させます。
 (つまり沖縄人口の 96% を中国人にして、実質、沖縄を中国人の居住地とします。)
 さらに「自主」の名の下、沖縄で有事が起きても自衛隊は干渉できません。
 3000万人の中国人が、少数派となった130万人の日本人に何をしても、です。

今回の選挙で民主党が勝った場合、「自主」「発展」を連呼しつつ段階的に進めていくことになります。
自主と言っても、自主を認めるのが「住人の96%が中国人となった」後だということに気をつけてください。
発展と言っても、新沖縄の少数派となった「少数民族日本人」の発展ではないことに気をつけてください。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/22(日) 19:24:10
http://www.eccentrix.com/members/tottori/

46 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/04/22(日) 19:33:17
>>45
報復サイトを貼るのはちょっと・・・

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/23(月) 22:32:28
ロマノフの皇女は兵士に輪姦された後アナスタシア以外全員銃殺された

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/24(火) 19:56:08
信長は本能寺の変で死んでない。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/26(木) 21:49:42
豊臣秀頼は大坂落城の際、ひそかに薩摩へ逃れた。

50 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/04/26(木) 22:16:11
>>49
ああ、それ史実だよな。

51 :可児クリームころっけ ◆CrabxxSe.g :2007/04/27(金) 21:57:14
夏は絶対存在する

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/28(土) 03:25:18
真田信繁の息子が片倉小十郎にかくまわれた

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 04:20:00
>>49
史実だよな

正則は切腹した



54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金) 09:29:09
坂本竜馬 後藤の指示じゃないのか?

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金) 10:16:58
山県有朋こそ国賊中の国賊。
しかしその上を行くのが岩倉具視。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金) 11:42:07
>>55
帝に毒だね

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金) 12:01:18
>>55
国賊っていうか
近代日本の方向性を様々な方向から誤らした人

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 14:03:29
>28お前それはバサラの影響だろ

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 15:34:21
岩倉は公武合体派で和宮降嫁に尽力した挙句、薩長と意気投合、
元賭博屋の分際で維新後は右大臣に就任、嫡流の子孫は公爵に
なっただけでなく多数の分家が受爵、公私混同も甚だしい。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/06(日) 20:10:01
家康は簓者の娘と浮浪の祈祷僧の伜

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/30(水) 04:13:03
>>58
>>28じゃないが、謙信は女性説は結構前に聞いたことある
謙信は生涯独身で、女をまったく近付けなかったそうだ
他にもエピソードがあった気がするが忘れた
ただ、信憑性は薄いと思うが

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/04(月) 00:20:43
>>61
景勝は叔母と呼んでいる
婦人病で死んだという記録がある
「男勝り」と表現する民謡が残っている
このあたりか

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 04:44:51
朝鮮人が実は火星人

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 07:29:51
坂本龍馬は現在で言われるほど重要人物ではない
戦後明治政府の手によってサクセスストーリーが作られた

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 14:10:38
星野飛雄馬は実在

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/15(金) 22:08:49
知らなかったけど人力鉄道の歴史サイトがあった。
http://www.kk-net.com/~tabuchi/JINSHA.htm


67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/09(月) 00:25:27
>>53
じゃ天草四郎は秀頼?秀頼の子?

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/10(火) 18:06:01
聖徳太子こと厩戸皇子は捏造

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/13(金) 10:28:30
高柳又四郎の音無の構え

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/13(金) 21:42:10
ヒミコの男は海を渡って劉備玄徳になった

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 01:31:34
妄想限り無く斜め上だが

上杉景勝の正室・菊姫の死因は、四辻氏の立場を少しでも良い方へ
向かわせるための自殺。
上杉景勝の側室・四辻氏の死因は、彼女の存在を心良く思わない
上杉家家中の者による暗殺。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 16:47:56
上杉謙信は女
そして武田信玄と愛し合ってた

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/08(水) 18:54:16
坂本竜馬の構想で薩長同盟が成立したというのは妄想。
薩摩は長州と関係を回復するために使者(浪人)を2名遣わした。
一人は高杉晋作のもとに、もう一人は桂小五郎のもとに。
高杉は即座に拒絶し、桂は判断を保留し後に同意した。
桂のもとに遣わされたのが坂本、もう一人の使者は名も知れない。
坂本は顔が広い(長州藩士に知人がいる)ことで利用された。
もし、この二人の使者の行先が逆だったらと想像してみる。
坂本の名は歴史に残らなかったかもしれない。
もちろん使者の役目を果たした坂本の努力は評価すべきであろうが、
そういう意味で坂本は幸運だった。
百年後、彼の虚像を膨らませて若者の英雄像としてでっち上げてくれた小説家が
いたことも含めて。




74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/14(火) 18:20:10
親が子を、子が親を無下に殺める事件が頻発している。この世情を受けて日本の家族の
絆が失われつつあるという声も聞こえる。しかし、かつて我らが「美しい国」ニッポンでは
こうした家族内での醜い殺し合いは、日常茶飯事のことで、ニッポン固有の「美しい」伝統
文化とさえ言えるほどなのだ。

かつて日本の村落家庭では、飢餓・貧困からの防衛策として自分の子どもを殺して家計を
調整することがしばしば行われた。これは「間引き」と呼ばれていた。間引きの犠牲となった
のは多くは女児であったという。東北地方の伝統工芸として「こけし」という木製の人形が
伝わっている。このこけしの名は「子消し」に由来し、間引きによって殺められた子どもを供養
する目的で作られたのがはじまりだという。また東北のみならず日本各地に間引きの犠牲と
なった児童を供養する宗教施設が点在しているのだ。こうした事実は法治主義の浸透していない
時代の日本で、多くの子どもが密かに葬られていたことを如実に示している。

明治維新以降、政府は人口倍増計画の下、こうした間引きを固く禁じたが、やはり貧困ゆえの
間引きは細々と行われていた。かの文豪・芥川龍之介の下に、とある農夫が自分の小説を
みて欲しいと訪ねて来た。小説は、貧しさのために我が子を殺し、ドラム缶とともに密かに埋めて
しまうという内容だった。そして農夫は作品は己の実体験に基づいていると芥川に語ったという。
またあぶく銭目当てで、年頃の娘を娼館に売り払うことも日常的に行われたという。

こうした子殺しは卑属蔑視の儒教的思想に基づくとされてきた。しかし、その一方で日本では姥捨て・
棄老という労働力にならない老人を山に捨てて死なせる、親殺しも日常的に行われた。日本各地に
山姥・子泣き爺など老人の姿をした妖怪の伝説が伝わるのも、こうした棄老の犠牲となった老人達の
怨念への日本人の恐れが象徴化されたものに他ならない。

いうなれば昨今の子殺し・親殺し事件はニッポン民族の伝統回帰と言えるのである。いやはや、
美しき国・美しき民族の、とんだ美しき伝統である。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 03:41:37
すぐ上にもあったけど、上杉謙信は可愛い女の子。
キャラで例えるとfateのセイバーみたいな感じ。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 04:15:04
司馬の小説

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 12:39:20
第二次世界大戦中アメリカとソ連は秘密協定を結んでいた

ソ連はドイツが開発していたロケット技術を引き継ぐ権利を、
アメリカは日本が開発していた細菌兵器の技術を引き継ぐ権利を得るというもの

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 20:28:39
>>77
だがアメリカにとって旧日本軍の細菌兵器の技術は実用的でなく、役に立たなかったらしい

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/24(金) 11:26:13
教科書

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/28(火) 23:44:43
>>58
むしろランスの影響

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/15(月) 02:47:17
邪馬台国は岩手県の八幡平にあった

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/09(金) 16:05:58
家康は関ヶ原で死んだ

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)